オーガニックマイムJIDAI の「身体」「表現」考

オーガニックな身体の使い方、表現についてのいろいろ。時々、甘いもの。

ピアノの指遣い

ピアノ演奏の指遣いって、とんでもないと思いませんか?

私には到底信じられない領域。。。

 

そんな私、もう10年以上前ですが、

ピアノの方への個人レッスンを定期的にしていたことがあり、

また今、別の方ですが、やはりピアノの方への個人レッスンを定期的にしているんです。

 

当時は、全身の使い方の指導がほとんどで、

指に関することは、少しだけでした。

 

けれど、今回は指のことが多くなっているんですね。

それは、今受けてくださっている方が、

ピアノのための「フィンガートレーニング」の本

貸してくださったおかげもありますし、

 

それとやはり、たくさんご自分の課題点を言ってくれるので、

ボクシングの方のレッスン同様、

どんどん閃きが!(笑)

 

 

 

先日も、ピアノの先生からの指導として

 

「スッと届くところでも、遠回りするように指を運びなさい」

 

と言われると。

 

で、ちょっと見本を見せてくれまして、

 

「でも、これがよく分からない」

 

「けど、確かに先生の演奏では手の甲がよく見える」

 

と。

 

 

私にとっては、全く初めて聞く内容だったんですね。

 

「遠回り・・・??」

 

「手の甲がよく見える・・・??」

 

 

もちろん、見栄えの問題ではなく、

意味のある動き方のはずで・・・

 

 

ということで、頭で考えるよりも、まずは私自身がその手の動きをやってみる。

 

あぁ!

 

本当に正解かどうかは分かりませんけど、

分かりました。

 

で、私の理解したその“遠回りの意図”を伝えたことろ、

 

「なるほど!!」

 

理解してもらえたようでした。

 

同時に、私も、なるほどなぁと思ったわけです。

 

必要だから行なうんですよね。

その必要性が理解できれば、その人なりの動きが出てきます。

 

必要性の理解がないまま、何となく言われたようにやっていても、

それがたとえ一所懸命やっていたとしても、

本来の役割からはどこか外れた動き方になってしまうので、

無駄な力、無駄な軌道をとってしまうんですよね。

 

良い音が出ることもあるかもしれないけれど、

安定性に欠けます。

 

 

と偉そうなことを言っていますけれど、

私自身はピアノは全く弾けませんから、

冒頭でも言いましたように、

ピアノ演奏のあの指遣いの凄さは、ただただ驚くばかりです。

 

それでも、より楽で、より強く軽やかに速く、そして繊細なタッチ。

実現のための助言がいくらかでも出来るのは

嬉しいことです。

 

ピアノ界では当たり前?に言われている指・身体の使い方であっても、

それが実際のところ、何を意味しているのか?

どうしたらそうなるのか?

そう簡単に分かるものではないんですよね。

 

いつものことですけど、

出来る人は出来ているからこそ出てくる言葉であって、

出来ていない人には、その言葉は、あくまで出来たときに分かる言葉。

 

出来るようになるための言葉ではないんですよね。

 

 

そのために私がいる。

 

 

からだ全体のこと、手先・指先のこと、

そして、その繋がり。

 

音楽を奏でるために。

 

 

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

 

 

教えることがもう無い中で

もう何も教えられることない・・・

何をしたらいいんだろう・・・

 

と思いながら、出向いているボクシングの個人レッスン。。。

 

 

まだ10代前半の若い子を、元プロボクサー立ち会いの元でレッスンして

すでに9回。

 

当初は力の効果的な伝え方、作り出し方や

パンチそのものの見本を見せながら進めていたのですけど、

回を重ねるごとに、こちらで思いつくものが無くなってくるんですよね。

 

ですから、数回前から、

「もう何もありませんよぉ」

と言いながらレッスンしている感じ。

 

大丈夫かぁ~!???

 

です(笑)

 

 

まぁけれど、面白いもので、

そんな感じでいながらも、毎回

 

「これは、やばい!!」

 

「これを知れたのは、宝ですね!」

 

と言ってくださるんです。

 

で、確かに、それは別にお世辞とか気を遣ってということではなく、

本当にそうなんです。

(自分で言うのもなんですが 笑)

 

ですから、良かったなぁと言うのと同時に、若干の冷や汗。

そんな感じの、ここ数回なんです。

 

 

けれどどうして、「何もない」と思っているところから、

そんな結果になっているかと言いますと、

先方のおかげなんです。

 

何か?

 

それは、とにかく悩みや問題点を口にしてくれるんです。

 

例えば、前回は「スウェイバック」という防御技術を、もう少しなんとかしたい

ということだったんです。

(何か良いアドバイスがないかと、直接の指導者である元プロの方からの投げかけです。)

 

スウェイバックは、状態を後ろに反らせてパンチをかわすテクニックなんですけど、

もちろん、私自身はこれまで全く必要のなかった動きなわけです。

 

レッスン受講者である10代の子と、元プロの方の動きを見比べたりはするんですけど、

まぁ、違うといえば違うけれど、同じなわけです。

つまり、形みたいなものを整えたとしても、意味が無さそうに見えるんです。

 

そこで、私自身がその動きを何度か繰り返してみたんですね。

そうしますと、一般的なスウェイバックの動き方は、

体に負担がかかるなと感じたんです。

 

で、似た感じ(役割)の動きを、別の身体の使い方で試してみまして、

私としては、このほうが体の負担が少ないだけでなく、

その後の動きにバリエーションが出せると思ったものですから、

その動き方を提案してみたんです。

 

「通用するのか未知数ですけど、スウェイバック、この形でやってみるのはどうですか?」

 

動きを見せても、今ひとつ伝わっていない感じだったので、

対戦するような位置に立って、何度かやってみせたんです。

 

そうしましたら、良さそうではあるけど、

 

「射的圏内なんですよね」

 

つまり、次のパンチに狙われやすいと。

 

 

なるほど、それは私の発想にはないものでした。

やはり、実践は違いますね。

 

とは言いましても、これに元のスウェイバック(的な)動きを合わせれば、

その問題点をクリア出来るのでは?と思っていたところ、

そのやりとりを見ていた、本来の受講者である10代の子が、

 

「じゃあ、こうすればいいじゃない!?」

 

「ちょっとやらせて!」

 

と元プロの方を相手に

 

「ほら!これなら行けるよ!」

 

「これ、凄いよ!」

 

それど、元プロの方は、その動きをすぐには実践出来ないものですから、

それが実戦で使えるのか半信半疑なんですね。

 

ということで、その場で(いつものやり方なんですけど)

2人が実践的な対戦形式で試すことに。

 

 

・・・衝撃!!

 

 

なんだか、とんでもないことに!

 

 

どう、とんでもないかを説明するのは難しいんですけど、

 

 

「お前、なんか覚醒した!?」

 

 

「野生動物を相手してるみたいだったでしょ?」

 

 

という2人のやり取りから、想像していただけたらと思います。

 

 

とまあ、そんな感じで、

ばんばん問題点を投げかけて下さることと

この10代の子の飲み込みの早さ・素直さと相まって、

こちらがもう伝えることが無いと思っている中でも、

とんでもないレベルのレッスンになっているんです。

 

 

例えば、もしこれが、

スウェイバックのやり方自体にこだわって改善しようとしていたら、

こうはならないんですよね。

 

面白くない改善です。

飛躍のない、良くいえば地道な改善。

 

 

多くの人は、目の前の悪さを改善することに目が向いてしいますけれど、

本来その部分の改善が目的ではなく、

もっと大きな目的があるはずで、

その大きな目的の達成に近づくかどうか?を常に大事にしたい。

そう思いませんか?

 

お話それますけれど、“良い姿勢”はいい例ですね。

なんのための良い姿勢か?

 

 

さて、個人レッスン、このような感じで、

私自身も学ばせてもらいながら、

想像以上のことが起きています。

 

これは、何度も言いますけれど、

とにかく悩みや問題点を口にして下さるから。

 

そして、本気で解決したいと思っていたら、

私が頭と身体をその場でフル回転させて出したアイデアを、

上手に活かして、思わぬところまで行けてしまう。

 

 

次回のレッスン、また私は何も持っていけるもの無さそうですけど(笑)

それでも、楽しみ。

 

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

ネガティブ・ケイパビリティ

ネガティブ・ケイパビリティという言葉、ご存知ですか?

 

私はつい先日、初めて知りました。

 

精神科医であり作家である帚木蓬生(ははきぎ ほうせい)氏の著書

ネガティブ・ケイパビリティ 答えの出ない事態に耐える力』朝日新聞出版)

を、偶然知ったことがきっかけです。

 

Facebookで知り合いの方が、本の表紙の写真をアップしていたのです)

 

 

ネガティブ・ケイパビリティと対になるものとして

ポジティブ・ケイパビリティという言葉が紹介されているんですけど、

 

このポジティブ・ケイパビリティとは、

「分かる」ことで問題を解決する力、といったところでして、

一般的に、私たちの世界で重要視される力。

 

それに対して、ネガティブ・ケイパビリティとは

簡単に「分かってしまわない」でいられる力と言えばいいのでしょうか?

 

 

 

さて、この本の最初に出てきた

 

シェイクスピアや詩人は、このネガティブ・ケイパビリティが強く、アイデンティティが弱い

 

といった話が、私はストンと腑に落ちたんですね。

 

(分かってしまわないでいられる力が重要といっているのに、腑に落ちてはいけない? 笑)

 

 

 

私は、基本的に全ては「仮」だと思っているものですから、

この世界で重視されているポジティブ・ケイパビリティとは相性が悪いんですよね。

 

そんなこともあり、普段でも、

「答えを知っている」人との話は、面白くなく、正直疲れてしまうんですよね。

(その答えを聞くという面白さはあるんですよ)

 

それは、舞台作品でも同じでして、

「答えを知っている」人の作品は、説教臭さや主張の強さを感じてしまい、

世間の評判がどれだけ良くても、つまらないと思ってしまうんです。

 

 

で、私のこういったスタンスが、レッスンにも現れているんでしょうね。

 

私は常々、エクササイズ自体が出来るようになる必要はなく、

むしろ、下手に出来ようとしないほうが良い。

といったことを口にしているのですけど、

ポジティブ・ケイパビリティが強い人は、

この真意を掴むのが難しいように感じます。

 

要するに、

目の前の成果を求め過ぎることで、

大きな成果を逃していると、

私の目には映るわけです。

 

 

まぁ、成果という言い方が良いかどうかは、分かりませんけど、

先に進む力とでも言えばいいでしょうか?

 

「分かってしまう」「出来てしまう」と

そこで、止まってしまうんですね。

 

もちろん、「分かった感じ」「出来た感じ」を味わえませんと、

心折れてしまいかねませんから、それはそれで重要でして、

けれど「感じ」ということで、「仮」にしておけるかどうか?

だと思うんですね。

 

「仮」にしておけますと、飛び石の次に進むための置き石になる。

 

どう思われますか?

 

 

もちろん、多くの人は答えを知りたいので、

ネガティブ・ケイパビリティを要求されるようなエクササイズよりも、

ポジティブ・ケイパビリティによる指導の方が、

安心して取り組めることは、よく分かります。

 

 

けれど、それは、その人から思考を、そして力を奪うことだと思うんですね。

 

少なくとも、私は他人の答えを生きたいとは思わないわけです。

 

 

さて、エクササイズはエクササイズとしまして、

白黒はっきりさせることが重要そうな今の世の中で、

グレーでいるというよりも、

そもそも白とか黒ではないのでは?

というスタンスでいますと、

白から見ても黒から見ても、弱い存在になってしまうのでしょうけど、

無自覚に白や黒に取り込まれてしまうよりは、

幾らか良いように思うのです。

 

 

誰がいなくとも、風は吹く。かな?

 

 

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

頭で考えている“自分の(良い)声”ではなく、身体が生み出す“自分の声”

声を出すって、本当に気持ちいいことなんですけど、

 

「自分の声が嫌い」

 

「だから話すのが苦手」

 

という人もいますでしょ?

 

先週末(土・日)に開催した声のワークには、

そういった方も参加されていました。

 

と同時に、プロの声楽家の方から愛好家の方も。

 

歌い方でも、話し方でもない声のワークは

色々な人が集まってくる、ちょっとユニークな場。

 

しかも、今回は「上級編」!

 

実は、その1週間間に開催した「通常版」は、

久しぶりの開催ということもあってか、

お申し込みをお断りしなければならない事態に!

 

(参加叶わなかった皆さん、次回ぜひ!)

 

その通常版に参加後、上級編への参加を決めて下さったのが、

やはり、

「自分の声が嫌い」「だから話すのが苦手」の方から、

プロの声楽家の方に愛好家の方。

 

上級編に期待くださって、嬉しい限りといったところです。

 

で、その上級編なんですけど、

今回は、ここのブログ記事で少し前にお話した

「ある秘訣」

をお伝えするということだったんです。

 

こちらの記事です

jidai.hateblo.jp

 

 

日曜はオンライン受講の方もいらしたんですが、

 

この「ある秘訣」は

「とんでもない秘訣」に昇格です!(笑)

 

 

ワークのその後も、皆さん本当に声が出やすいようで、

嬉しい報告がいっぱい。

 

とまぁ、それはそれとしてですね、

 

大事なことは、声を全身で出せるって、本当に貴重なことということなんです。

 

もう一度

 

「声を全身で出せるって、本当に貴重なこと」

 

 

それも、上級編では、高い声も低い声も、小さなピアニッシモのような声も

やってもらったんですけど、

どれも全身でって、なかなか難しいこと。

 

それでも、それが実際に出来たり、出来そう!という感触が得られたり、

嬉しくありませんか?

 

ただ、難点は、これだけ気持ち良く声が出るようになりますと、

普段でも出したくなるんですけど、出せる場所が無い!

 

 

とまぁ、それくらいに声が出るのは気持ちいいんですよね。

 

その「声が出る」というのも、エネルギーの通った声だからであり、

それは言い換えれば、

 

“自分の声”

 

 

頭で考えている“自分の(良い)声”ではなく、

 

身体が生み出す“自分の声”

 

 

 

そんな“自分の声”に出会っていますか?

 

 

自分の声が嫌いだったという方

 

「好きも嫌いも無い と思った」

 

という気持ちになれたのは、

エネルギーの通った声が出たからだと思うんです。

 

「これが自分の声」という確信。

といえばいいのでしょうか?

 

 

 

ところで、声のレッスンとなりますと、

どこか、

 

“装飾的な良い声”

 

を目指してしまうところがありませんか?

 

 

私は、それは

 

“自分の声”と出会った後のはなし

 

だと思うんです。

 

 

どう思われますか?

 

 

ということで、声のお話でしたが、

声を職業的に使う人も、そうでない人も

声に興味を持たれる方は多いと思います。

 

けれど、声のワーク、会場の問題もあり、

以前ほど開催出来なくなっています。

 

興味のある方、上級編を発展させたい方

個人レッスンでお受けしますので、お気軽にご相談下さいね。

 

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

全身運動、それは新しい自分であり、本来の自分ですね。

私のレッスンを受講すると、今までなったことのない場所が筋肉痛になる。

 

そんな人が多いんですけど、それは筋肉痛に視点を当てるのではなく、

「新しい神経回路をしっかり使った痕跡」として捉えるといいんですよね。

 

本当は動けるはずの身体を、無意識で横着をしてきた

その結果とも言えるわけです。

 

私自身も人のことは言えませんで、

ずっと横着してきた身体を、ここまで改善してきただけです。

 

 

さて大抵は、横着な身体をベースにして、

何か上手く対処できるような動き方のコツを探ってしまうんですね。

 

 

こんな言い方をしますと、?だと思いますけれど、

ほとんどの人は、全身運動が出来ません。

 

全身運動が出来ていないから、今まで使ったことのない場所が出てきて、

筋肉痛になるわけなんですけど、

誰でも、よく使っている場所と、ほとんど使っていない場所があるんですね。

 

全身運動といいますと、大きく動くことをイメージされると思うのですが、

動きの大きさではなく、全身が隈なく動いているかどうかが大事なんです。

 

この辺りの理解のために、

レッスンで行なう、こんな例を取り上げてみました。

 

 

真っ直ぐ立った姿勢で、足踏み的な動作をした時ですが、

私の行なう見本では、背骨が揺れることで頭も動きが生じるんですね。

 

けれど、大抵の人は頭は動きません。

といいますか、見本での頭の動きに気づかなかったりします。

といって、頭の動きを起こそうと思っても、動かせないんですね。

 

なぜなら、その頭の動きは全身運動として自然な連動性によって生じる動きですから、

その連動性が生じていない中で、似たような動きをしようとしても、

無理なんです。

絶対に出来ないんです。

 

(私自身、生じさせないように動くことも出来ますけど、それは別の動き方ということです)

 

 

 

これとは逆の例として、

少し前屈した姿勢で、やはり足踏み的な動作をしてもらう時ですが、

この時は、上半身が動かないようにと伝えておいても

どうしても動いてしまうといったことがあるんです。

 

これは簡単に言いますと、脱力・分離が上手くいっていないんですね。

そのために、全身が変に一緒に動いてしまうわけです。

 

といって、この時の全身が動くと言いますのは、全身運動ではありませんで、

働かせられない場所があるから、止めておきたい場所が勝手に動いてしまっているだけんで、

言い方を変えますと、「身体が暴れている」なんですね。

 

暴れは全身運動とは言わないのです。

 

 

で、こういった全身運動が出来ない身体のままで、

何か上手くなるというのを、小手先と言うんですね。

 

なんだか厳しい物言いですけれど、

全身運動が出来ない身体のままで、目の前の結果だけを良くすることは、

身体にかかる負担は、大きな場所と少ない場所の差が大きいままですから、

いずれ壊れます。

 

本当の全身運動が出来るようになった方が、

楽で快適で、パフォーマンスも長い目で見てすごく上がるんですよね。

 

全身運動を取り戻そうというレッスンで、特にパワーやスピードを上げたものは、

当然、今までなったことのない場所が筋肉痛になる可能性は高い。

 

けれど、それは新しい神経回路をしっかり使った痕跡。

 

 

全身運動、出来るようになると楽で楽しい。

 

と同時に、出来るようにしていく過程も楽しいんです。

 

自分の身体の発見の連続ですから。

 

今年のゴールデンウィークは、ワークショップ目白押しです。

ぜひ、この機会を利用して新しい自分との出会いを!

その新しい自分は、本来の自分でもありますしね。

お待ちしております。

 

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

 

 

脳のシンクロ、起こせるスペース

目と目を見つめ合うと、お互いの脳がシンクロするらしいんです。

そのような研究があるんですね。

 

授業中の先生と生徒の脳にも、やはりシンクロが起きていて、

シンクロ率が高いほど、授業内容の理解度が高いと。

 

こういった脳の研究から、思ったことがあります。

 

それは、動きのレッスンを受けている、その時は、

とても良い感じで動けたにもかかわらず、

家に帰って、自分ひとりで同じことをやろうとすると、

 

「あれ?何か違うなぁ、同じようにやってるはずなんだけど・・・」

 

となることがありませんか?

 

それは、この脳のシンクロ、

つまり、レッスン中は目の前の先生と脳がシンクロしていて、

必要な脳の回路が無意識の下に活性化していて、

けれど、ひとりになるとそれが生じない、

意識で捉えている部分しか脳が働かないために、

あれ?何か違うなぁとなってしまうのではないかと。

 

単純にミラーニューロンが働くかどうか?なのかもしれませんけど、

そうだとしましても、シンクロであることには変わらないですよね。

 

先生と脳が、ある意味同じになるので、先生と同じような感覚の良い感じで動けるわけです。

 

 

と考えますと、シンクロしない人は、

良い感じを得づらくなるのは、ある意味必然だと思うんです。

 

では、シンクロしやすい人としづらい人の違いは何か?

 

 

それは、「自分」が強いかどうか?ではないかと思うんです。

 

「自分」が強い人は、字からも分かるように他者が入り込むスペースが小さい。

当然、シンクロしづらい。

 

ただ、ここでいう「自分」が強いというのは、性格がキツいというのではなく、

「自分の思考」が強いという意味合いです。

 

脳の中で「自分の思考」の回路にだけ信号を働かせてしまい、

他の回路が働かないようにしている感じですね。

 

思考によって分析はするけれど、シンクロはしない。

 

で、大抵の場合、教わる動きというのは未知の動きなわけですから、

分析し切れるものではないんですよね。

 

シンクロ出来るタイプの人は、その未知の分析しきれない部分を、

シンクロによって補っていて、だからこそ、その場では良い感じで動け、

けれど、ひとりになるとあれ?となる。

 

ところが、分析しか出来ない、シンクロを受け入れない人は、

未知の部分を補いようがないわけです。

 

 

もちろん、身体的に働きの悪い部分があって、

上手くいかないということはありますよね。

 

ただ、その働きの悪い部分というのが、

本当に何かしらの障害的なものであれば、

物理的に無理なわけですけど、

そうでないならば、

そこが働かなくなってしまった、

これまでのものの見方・捉え方の結果だと思うんですね。

 

ですから、

目の目に先生がいる時、つまりレッスンの場では

出来るだけ分析は抑えめにして、

後でひとりの時に徹底して分析する。

 

そうすると、分析力が活かされると思うんです。

 

一方、その場では良くても、ひとりになるとあれ?の人は、

あれ?となった時に、分析を深めるようにする。

 

あれ?のままの人は、感覚頼りと言いますか、

ひとりになっても雰囲気だけでやろうとしてしまっているのかもしれません。

 

それが必ずしも悪いわけではありませんけど、

何か違うなぁと思ったなら、

自分がレッスンの場で何を理解していたのか?

先生は何をやらせようとしていたのか?

思考を働かせられるといいのではないかと思います。

 

脳のシンクロ、面白いでね。

 

 

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

 

センスの良い人が言及しない大事なこと

発声の開発と言いますか、気づきがここにきて、一気に進みました。

 

今回の発見は、あまりに画期的でして、

これまで何をしていたのだろう?と思ってしまうほどなんです。

 

まぁもちろん、これまでの蓄積があってこそではあるのですけど、

それでも、今回の発見を全くの一般の方に、

ほんのひと言コツを伝えて試してもらったところ、

声を出す感覚の違いに驚かれていたので、

結構な威力を持っていると思うんです。

 

このことで改めて確信したことがあります。

 

やはり張力。

 

カウンターエナジーなんです。

 

 

カウンターエナジーとは、

相反する方向へのエネルギーということなんですけど、

張力は、言い換えますと膨張力でして、

膨張という遠心性の力を発揮させるためには、

求心性の力が必要なように、

一方向の力では抜けてしまうので、

相反する方向の力を働かせることが、非常に重要ということなんです。

 

このカウンターエナジー、張力をどこで働かせるか?

基本的には全身なんですけど、

それでも、いろいろな部位、箇所でより強く働かせることが大切になってくるんです。

 

一番分かりやすいのが、下腹、丹田ですね。

 

あらゆるものはフラクタルなんです。

 

 

全体に起きていることは、部分でも起きている。

部分で起きていることが、全体で起きていることと同じ。

 

そんな感じですね。

 

 

で、発声の場合に必要な張力、カウンターエナジーの働かせる箇所が、

これまでとは全く違ったところだったということに気がついたわけです。

 

これまで発声に関して色々な人のサイトやYouTubeを見てきましたけれど、

今回の方法を述べているものは、無かったんですよね。

 

おそらくですけど、何かしらの練習法でそれを身につけさせようとしているのだとは思うんです。

ですから、歌(発声)の上手い人は自然と身についているんでしょうね。

 

ただ、その身につけさせたいことそのものズバリに言及していない。

そういう感じがするんです。

 

声に限らず、身体のことは大体そういうものですけど。。。

 

さて、今回の発見をしたことによって思ったことは、

より良い発声のために〇〇が大事ですよと言われていることは、

この発見内容を身につけていることが土台にあってこそ、

本当の意味が生まれるのではないか?

ということなんです。

 

言い換えますと、声(歌声)の指導をするような人は、

当たり前のようにその技術を持っていて、

あまりに当たり前過ぎて、意識に上ってこないのだろう。

 

それゆえ、その先のことを(それでももちろんベース部分ではあるのですけど)

大事な基本としてしまうのだろうと思うんです。

 

 

まぁ、大発見をしたここ数日は興奮状態です(笑)

 

※ 5/7、5/8のワークショップで取り上げます

 

アートマイム公演 2月8日(火) 公演写真  次回は8月22日(月)

 

 

【ワークショップ情報】
        
 
 
 
 
 
 
これ以降のワークショップ/定期レッスン情報は
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 

 

 

定期個人レッスン制度 始めました

スケジュールは変則的でも大丈夫です。内容も含め、お気軽にご相談を。

jidai9.wixsite.com

 

 

新著『再創造する 天性の動き!』

DVD第3弾『脳の書き換え体操』

  

 『「動き」の天才になる!』(第5刷決定!) amazon 

 『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!) amazon

DVD『「動き」の天才になる』 amazon 
DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』 amazon 
 
 

 

 オリジナルTシャツ発売中!

 新著の中のイラストを、さりげなくプリント

どんな意味が?→『知らず知らずのうちに、他人の緊張を解くお手伝い?

clubt.jp

 

 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime