オーガニックマイムJIDAI の「身体」「表現」考

オーガニックな身体の使い方、表現についてのいろいろ。時々、甘いもの。

それは、本当に問題点ですか?

一所懸命に取り組んでいるけれど、壁を乗り越えられない。

行き詰まりを感じる。

 

そして、自分では特に〇〇に問題があり、

そこを改善できれば、何か大きく変われるのではないかと思っている。

 

といったこと、多くの人にあるのではないでしょうか?

 

 

けれど、一方で、

その〇〇の問題を、なかなか解決出来ないでいる。

 

 

個人レッスンで、このようなことで相談を受けることがあります。

 

では、その〇〇を直接改善するようなことをすると良いかと言いますと、

私はそうは思わないんですね。

 

 

例えば、

包丁を上手に使えないと思っていたら、

単に刃こぼれしている包丁だった。

研げば済む問題だったところを、

わざわざ、苦労して包丁の扱い方を学んでいた。

 

研ぎ方を学ぶのと、

刃こぼれした包丁の使い方を学ぶのと、

どちらが優先順位が高いか?

どちらの方が、食材がキレイに早く切れるか?

 

 

私は個人レッスンの場では、

〇〇の問題を解決したいということであっても、

それを含めて困っている点について、色々とお聞きした上で、

まずは、踊りでしたら、少し踊っていただきます。

芝居でしたら、少し演じてもらいます。

走りでしたら、少し走ってもらう。

 

その上で、それをしている時に、

何を意識しているのか?

先生からはどう言われているのか?

どのような指導を受けているのか?

自分では、どう感じているのか?

 

といったことを、尋ねます。

 

つまり、本当に〇〇に問題があるのか?を見極めたいわけです。

 

 

もちろん、〇〇に問題が無いということはないのですけど、

直接、その〇〇の改善に取り組むのが、本当に良いのかどうか?

その確認なんです。

 

 

(それと、

何をしようとしていて、どうなっているのか?という、

意識と実際の動きの関係を把握したいということもありますし、

さらには、

その人の先生の教えを、無闇に否定しないようにするため、

その人が自分の先生を否定しないようにするためでもあります。)

 

 

 

そして、(料理の時の)そもそも刃こぼれしているのでは?

ということが分かれば、

包丁を少し研いでもらう。

で、切ってもらう。

といった感じなんです。

 

 

結果として〇〇の問題が解決するようなことをしたほうが、

その人が、思っていた以上の成果が上がる!

 

 

これは、とても大事なことだと考えていまして、

多くの人は、〇〇の問題が解決されれば、

色々と上手くいくのではないかと期待するのですけど、

その〇〇の問題が起きてしまう、

もうひとつ奥にある問題を解決できれば、

その〇〇の問題は消えてしまうんですね。

 

 

その〇〇の問題に直接アプローチするのは、

非常に親切なようですけれど、

問題解決したように見えても、

その奥の問題が解決していませんと、

実は、〇〇の問題の解決も、

低いレベルでの解決になってしまう。

 

私はそう考えるんですね。

 

〇〇の問題を解決したいわけではないはず。

ただただ、より良くなりたいはず。

 

そう思うのです。

 

 

 

 

 

7houdou.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】
       
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体の奥から空間へ〜全身運動と発声

全身運動と言いますと、大きな動きをイメージされると思いますが、

声を出すというのは、全身運動なんです。

見た目には、ほぼ動きませんけど。

 

しかもですね、

 

「全身運動以上に全身運動」

 

と言える面があるんです。

 

 

それは、体の内側。

 

インナーマッスルといったような意味ではありませんで、

呼吸にまつわる筋肉はもちろん、

声帯に関する筋肉、

さらには、頭や口の中などの筋肉・・・

といった、通常の運動では使わない筋肉を

繊細かつしっかりと使うんですね。

 

 

そして、実は、

この声を出す感覚を、いわゆる運動の時に使えるかどうか

非常に重要なんです。

 

ですから、

拙著2冊ともに、運動には発声が重要ですよと

お話していますけれど、

発声に本格的に取り組んでませんと、

「そんなものなのかな??」

なかなかピンと来ないかもしれませんよね。

 

 

ところが、やはり、歌を本格的にされている方には、

思いがけず、届いているようなんです。

 

 

先日のワークショップ初受講の方の受講きっかけは、

ご自分の声楽の先生から、私の著書を紹介されたからなんだそうです。

(そのまま入会下さいました)

 

 

また、数ヶ月前から通うクラス生も、

やはり、(また別の)歌の先生から、

私の著書を紹介されたことがきっかけだったんです。

 

紹介くださった先生、ありがとうございます!

ですけれど、

とにかく、驚きです。

 

 

声は身体と呼吸、さらには内面の現れです。

 

声の専門家の方は、そこをよくよく感じていて、

一方、私は舞台表現では声は一切発しませんけれど、

そこを重視しているので、

通じるものを、感じて下さっているのだと思うんです。

 

 

さらに、こんなことがありました。

 

声楽家の方からボイトレを受けている女性、

「声を出す」という概念がひっくり返ったという方ですけれど、

私の舞台を観て、

その声を出す感覚が、私の身体の使い方と共通するなと

感じたそうなんです。

 

これは、凄いことです!

 

私の動いているところを見て、

発声と同じだと感じられるなんて、

この方の感性には、

いやいや、びっくりですよね。

 

さて、

声といいますのは、

空間に作用させる必要が

あります。

 

 

ですから、

冒頭の「全身運動以上に全身運動」には、

実は、この

「空間に作用させる」

という、体の内側とは、真逆の面での意味もあるのです。

 

体の奥から空間へ。

 

これが、全身運動。

 

見た目の大きな動きではなく、

エネルギーの大きさですね。

 

 

7houdou.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】
       
こちらから
 
↓     ↓
 
 
【レッスン情報】
 
 
Body,Mind&Spirit 
 
本当の自分の身体は天才だ!
 
 
 
 
マイムから心と身体の平和を
 
 
ホームページ 
 
 
Twitter  
ORGANIC_JIDAI
 
Jidai Mime

ムーブメントかどうか?

バレエ「ジゼル」の同じ場面。

 

こうして見比べますと、

それぞれの表現・演技の違いが鮮明に浮かび上がりますね。

 

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

 

 

 

私は、それぞれどんな方たちかは知らないのですが、

おそらく、バレエ界で高い評価の方たちばかりだと思います。

 

 

 

内面の伝わり方の違い

 

よく分かるのではないかと思います。

 

 

身体をどう使うか?

 

 

 

 

【公演情報】
      

www.facebook.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】
       

転んで、目覚める脚?!

転ばないようにすることはあっても、

積極的に転ぶということは

一般的にはやりませんね。

 

先日、ワークショップとしましては

初の試みとして「転ぶワーク」を行ないました。

 

 

 

そうしましたら、参加者の方が、

 

「歩きの感覚が、すごく変わりますね!」と。

 

 

これは、私は全く想定していなかったので、

思いがけない感想だったんですけど、

 

“転ぶ”という、“歩く”から見ると、

真逆の行為、避けるべき行為を、

積極的に行なうことが、

むしろ、“歩く”を良くするとは、

面白いですよね。

 

 

もちろん、転ぶといいましても、安全に転ぶわけです。

マットを敷いて、ということではなく、

一見、足首を捻挫しそうな動きを、上手に利用して、

転ぶといいますか、倒れるといいますか、

そんな動作です。

 

特別な運動神経がないと出来ないような

難しいものではないんですよ。

 

 

 

ただ、この動作を初めて見た参加者の方々は

 

「???」

 

「え?何がどうなったの??」

 

と、狐につままれたような感じにはなっていました。

 

動きが速いということではなく、

頭(理解)が追いつかないんですね。

 

 

それでも、やっていくと、意外に出来てしまうもの。

 

といいますのは、

身体の構造と、重力を素直に利用しているだけだから。

 

 

 

そして、この「素直に利用」が、

冒頭の感想「歩きの感覚が、すごく変わりますね!」に

繋がるんです。

 

 

身体の構造と、重力を素直に利用するために、

最も重要なことは、

脚の力みを減らすことと、

脚のセンサーの感度高くすることなんですね。

 

 

歩く際、無意識に脚を力ませ、感度を鈍らせているところに、

この目覚めた脚になってしまうわけですから、

歩きの感覚が変わるのは、当然といえば当然ということですね。

 

 

こうして、文字にしてしまいますと、

なんだか難しいことにトライしている印象になってしまいますけど、

ワークショップ参加の皆さんは、

 

「楽しい、楽しい!」

 

とおっしゃっていました。

 

 

転ぶって、楽しいんです(笑)

 

 

 

コントロールを失って転ぶのは危険ですけど、

コントロールし過ぎては、転べません。

 

コントロールすることと、

コントロールから外れること、

その狭間で動くことこそが、

自然で流れのある動作なんでしょうね。

 

転ぶに限らず、あらゆる動作において。

 

そんな流れに乗ることは、楽しいに決まっている!

 

 

 

逆に言いますと、

この流れに乗れない状態が、

良くない動きということになります。

 

ですから、身体の使い方を良くしようとするあまり、

コントロールから外れることを取り入れていませんと、

むしろ、不自然な動作になっていってしまうんです。

 

たかが転ぶ、されど転ぶ。

 

ですね。

 

 

 

 

【公演情報】
      

www.facebook.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】
       

アルペン競技 トップ選手の動きって?

初めての分野、アルペン競技の方に個人レッスン。

 

 (※ご本人に内容確認していただいての掲載です。)

 

「競技歴、長いんですか?」

 

!! 小学生の頃からされていました

 

(ちなみに私は、スキーは全くの素人です。)

 

このところ行き止まり感を覚え、

様々なトレーニング、身体操法ワークを受ける中、

私の本に出会ったとのこと。

 

せっかくですから、出来るだけ実践的な動きが出来るように

屋外の広い場所でのレッスンに。

 

そこは、ちょうど良い坂道もありますしね。

 

 

さて、レッスン。

 

最初に、この方が滑っている動画を、少しだけ見せていただきました。

(私に分かるのかな??と思いつつ。)

 

重心が後ろに残っているように感じました。

体のまとまり感も足りないようでした。

 

と、感じたことをお伝えしますと、

 

「あ、分かりますか?!」

 

ご本人も自覚があるとのことでした。

 

(お互いの認識が一致しているので、良い提案が出来そう!)

 

 

何をしたら、ここを解消し、スキーに直結した良い感覚が得られそうか?

 

 

私なりにスキーのターンをイメージしたワークを

2つ、していただきました。

 

2つと言いますのは、

重心の移動の仕方が、大きく異なる方法でして、

ひとつは、転んでいくような感じで、

もうひとつは、跳んでいくような感じ。

 

跳ぶタイプの方が、しっくり来るようでしたので、

そちらをベースに進めていくことに。

 

(その後、細かなターンではなく、大きなターンをする大回転のような時は

転んでいくタイプとの合わせ技でいった方が、良さそうということに。)

 

 

 

私は、どんな状態が良いのか、よく分かりませんので、

何を意識して滑られているのか?

トップ選手は、どう言っているのか?

トップ選手の動きはどう見えるのか?

 

「踵で踏むって言うんです。」

 

「けれど、ターンの時はつま先寄りにした方がいいのかな?と思ったり。」

 

「でも、速いスピードになると、調整出来ない。。。」

 

といったことを伺いながら、

さらに、有効そうなワークを提案していきます。

 

私の中にすでにあったワークもありますし、

その場で初めて思いついたものもあります。

 

 

 

そうしていく中で、

自然と、トップ選手の動きになってきました。

 

真似するわけではなく、

良いエネルギーの生み出し方・通し方が、

そうさせるんですね。

 

 

「あぁ! だからこうなるんですね!」

 

「これなら、重心が後ろに残らないですよね!」

 

 

 

レッスン後半は、坂道で。

 

その方の言う滑り方を聞きながら、

きっと、こんな感じだといいのでは?

と思う方法をお伝えすると、

 

「そうなんです!落下って言うんですよ!」

 

合ってそうです。

で、試してみていただきますと

 

「これが、落下なんですね!」

 

最初の2つの重心移動の方法の転ぶタイプが

落下です。

(厳密には、ちょっと変形させますが。)

 

 

また、スキーは、板の“たわみ”を活かすことも重要とのことで、

私にとっても未知の領域でしたけれど、

それもカバー出来たようでした。

 

 

「他でワークを受けても、

スキーの専門的な動きに直結しない。」

 

「どうしたものかと思っていたので、

思い切って受講して良かったです!」

 

「今週末のレースに、少しでも活かせれば!」

 

 

今回のワークをレースで実践してみてのフィードバックをいただいて

次のワークに展開させていければと思います。

 

いろいろと楽しみです。

 

 

※後日、

 

「さすがにすぐに結果出ませんでしたけど・・・」

 

「おかげで上手い人の動きが自分の身体の感覚として

イメージできてきました。」

 

「実際滑ってみても腑におちた気がします。」

 

 

やはり、楽しみですね。

 

 

 

【公演情報】
      

www.facebook.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】
       

型はキレイだと言われていたけど・・・

長いこと試行錯誤しながら取り組んでいるのに、

思うように上達出来ずに、

もうこれ以上のことは、自分には望めないのではないか?

と諦めの気持ちが浮かんだことある方、

いらっしゃると思います。

 

 

先日、東海地方の方が東京までワークショップ参加のために来て下さいました。

 

この方は太極拳を15年されていて、

 

「型はキレイだと言われ」

 

「でもそれだけなのが分かっていて」

 

「なにか根本的な部分で圧倒的に足りていない、このままじゃダメだ、

でも何が足りないかが分からない」

 

「朧げな行き止まり感がありました。」

 

と。

 

そして

 

「このまま毎週新しい型に進んでいっても逆に良くない」

 

「どこかでいったんストップして、基礎の基礎のようなものを徹底的にやり直さないと」

 

そこで、歩き方を見直したりしていたそうなんです。

 

 

「そんな中で先生の張力のご本をAmazonにお勧めされて購入し、

あれよあれよと講座まで受けさせていただいた」

 

 

「エネルギーの通りがいまいちなのも分かっていたけれど」

 

「(教わった)張力を使って(エネルギーが通る)と、結果的に道場で習ってきた“正しい形”になる」

 

 

「(力が)弱い理由はなんとなく心当たりがあって、

今まで“お尻の穴を締めて、頭から吊られるように”意識してきたからかなと思っています」

 

「(教わった方法を)やってみると、結果の外側は同じようだけど中身は真逆なんですね。」

 

 

「天才がやってきた結果を言葉にしていたから、

凡人の私には真の意味に到達できなかったんだなぁ、

こういうことだなぁとしみじみ」

 

 

「ものすごく遠回りをした自覚はありますが、

ここで正しいほうの道を見つけて戻ることができて良かったです」

 

 

 

同時に

 

「身体がそのまま覚えてくれていた正しい位置も、

まったく無駄というわけではなかったようで、

張力のきくちょうどいい位置を探すときにやりやすいような気がした」

 

と。

 

 

そして、

 

「どう努力したらいいか」がわかったので練習できます。

それがいちばん嬉しいです。」

 

「新幹線で伺って良かったです!」

 

 

このいただいた感想は、ご本人の了承を得て紹介させていただきました。

 

このように壁にぶつかっていて、

けれど、そう頻繁に通うのも難しい方も、

これだ!という体感と、今後の取り組み方が分かれば、

また大きな希望を持って歩んで行けると思うのです。

 

もちろん、定期的に通って身体開発していくに越したことはありませんよ。

 

けれど、いずれにしても、

自分に希望を持ててもらえるのは、何より嬉しいのです。

次にお会いするのが、楽しみ。

 

 

さあ、

部分的にどこかが良くなったといったことではなく、

全体の道筋が見えるかどうか?

 

エネルギーを通せるかどうか?

 

自分の身体の天才性を目覚めさせましょう!

 

 

 

【公演情報】
      

www.facebook.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】
      

 

 

 

 

 

 

上達の道、どう進むか?

何かを学ぶ際には、早く出来るようになりたいですよね。

 

私も、出来たら、一直線で「ここ!」というところに辿り着きたい。

 

ところが、一直線でとなった場合、

一見、近道で、実際に出だしの頃は

近づいているのに、

実は遠ざかっているかもしれない。

 

そんな気がするんです。

 

 

逆に、遠回りのようでいて、

時間はかかるけれど、

実は着実に近づいている。

そんな歩み方が大事だと思うんです。

 

f:id:JIDAI:20210304145729p:plain

 

 

分かった気になってしまいやすいタイプの人は、

この一直線上の、中心に近づいているところで、

このまま行けばいい!

と思ってしまうんでしょうね。

 

で、本人が気がつくかどうかは別として、

進んだ先は、何だか違ったところに、

となってしまうのかもしれません。

 

一方、常に、これでいいのかな?と

試行錯誤している人は、

何やかやと、中心に近づいている。

 

 

これは、単純に「歩く」という動作でも

多くの人は、かなり早い段階で

OK!!としてしまって、

結果、歩き方に問題があるがために、

多くの身体的トラブルを抱えることになったり、

スポーツなどで、壁が越えられなかったりするのだと思います。

 

 

また、何かしらのインストラクターの人も、

教わってきたことを教える人というのは、

一直線タイプになってしまいますから、

受け手にとっては、一見、分かりやすく良さそうな感じなんですけど、

導入部分で終わらせませんと、

そこを越えてしまうと、違った方向に導いてしまうのでは?

と思います。

 

(逆に、導入時には、とても良いかもしれませんね。)

 

 

学ぶ側としましては、

螺旋で進んだ方が、

どこまでも奥深くに進んで行けると思うんです。

 

思ってもみなかった、外からは見えない

ある意味、神秘の領域に。

 

まぁ、神秘なんて言いますと、怪しい感じですけど、

明らかに、違う次元に入り込めるチャンスは高まります。

 

 

私の伝えている身体の使い方や

アートマイムという表現は、

そこを手助けしているわけです。

 

もちろん、私自身、まだまだ螺旋上をグルグル回って、

もっと奥深くにと歩んでいる途中です。

 

上達の道、どう進むか?

 

 

 

 

 

【公演情報】
      

www.facebook.com

 

 

 

DVD『「動き」の天才になる

 amazon 

 

新著『「動き」の天才になる!』(第4刷決定!)

 amazon 

 

『筋力を超えた「張力」で動く!』(第4刷決定!)

 

 

DVD『張力の作り方 身体エネルギーの再発見』

 

 

 2022年初夏 「シアターカイ国際舞台芸術祭」の舞台に立つことを目指します!

 ーアートマイム塾 第4期生 募集中ー

 

 

 

【ワークショップ情報】